Monthly Archives: 2月 2015

Xcode6でpchファイルを追加する方法

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので十分ご注意ください。

Xcode6からはデフォルトで.pchファイルが生成されなくなりましたので、その追加方法を書き示しておきます。

■環境
・Mac OSX 10.10.2
・Xcode Version 6.1 (6A1052d)

(1) 空のPCHファイルを吐き出す

Xcodeのメニュー、[File]->[New]->[File…]からPCHを選択してNextボタンを押下します(Supporting Filesにグルーピングすることが多いと思いますので、その場合はファイルツリーのSupporting Filesから[New File…]で開いたほうが楽です)。

ファイル名を入力してCreateボタンを押下します。ファイル名は[プロジェクト名-Prefix.pch]がわかりやすいかと思います。


生成されました。

(2) 生成したPCHファイルを認識させる

TARGETS->[Build Settings]->[Apple LLVM 6.0 – Language]の[Prefix Header]欄の右側をクリックして、生成したPCHファイルを設定します。最初にプロジェクトファイルを生成した後、ディレクトリ構成や名称などを変更していなければ、[プロジェクト名/PCHファイル名]になるかと思います。

設定されました。

念のためビルドを行い、PCHファイルが認識されているか(パス、名称が合っているか)どうか確認し、問題がなければこれで終了です。