Monthly Archives: 7月 2016

CakePHPで通常のPHPを動作させたい場合の設定


あたりまえですが、通常に配置したPHPファイルはCakePHPのルーティングに引っかかって意図した動作をしません。いつも忘れるので備忘録。

# vi app/.htaccess

appディレクトリ直下の.htaccessを開き、

RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteCond %{REQUEST_URI} ^/targetfile
RewriteRule ^.*$ – [L]

上記の内容を、

<IfModule mod_rewrite.c>
    RewriteEngine On
    RewriteBase    /
    RewriteCond    %{REQUEST_URI} ^/targetfile
    RewriteRule    ^.*$ - [L]

    RewriteEngine On
    RewriteRule    ^$    webroot/    [L]
    RewriteRule    (.*) webroot/$1    [L]
</IfModule>

このように、もとのRewriteRuleの前に挿入します。これで問題なくアクセス可能になります。なお、targetfileが対象のPHPファイル名ですので、ご自分の環境置き換えてください。


UINavigationBarのBackボタンをUIBarButtonItemでカスタマイズするとエッジスワイプジェスチャーが効かなくなる件の対処(Swift)


UINavigationBarのBackボタンに対してUIBarButtonItemを用いて独自に設定を行うとエッジスワイプジェスチャーが効かなくなりますが、以下の方法で有効にできます。

FirstViewController(遷移元)からSecondViewController(遷移先)をpush、SecondViewControllerにBackボタンがある構造を前提として、

class SecondViewController: UIViewController, UIGestureRecognizerDelegate {
	・・・
	override func viewDidLoad() {
	     super.viewDidLoad()
		・・・    
         self.navigationController.interactivePopGestureRecognizer.delegate = self        
		・・・    
	}
	・・・    
}

SecondViewControllerにデリゲートとしてUIGestureRecognizerDelegateを設定、viewDidLoadあたりでデリゲートインスタンスを設定します。これでOKです。


iOSシミュレータでLaunch Image(スプラッシュ画像)が反映されない場合の対処


XcodeにてLaunch Images Sourceの再設定、Launch Screen Fileの指定(あるいは指定なし)、アプリを削除してから再度ビルド→転送….これらの作業も行っても、どうしてもiOSシミュレータでLaunch Imageが表示されない、あるいは、以前のままになってしまう場合があります。そのようなときは、iOSシミュレータをリセットしてしまいましょう。


iOSシミュレータの[Simulator]->[Rest Content and Settings…]を選択し、

確認ダイアログにて[Reset]ボタンを押下し(転送済みのアプリが多い場合は少々時間がかかります)、リセットされたらビルド→転送。これでLaunch Imageは問題なく表示されるかと思います。