StoryBoardを使った画面遷移で値を渡す

投稿者: | 2014年8月19日
この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので十分ご注意ください。

簡単なのですが、意外とハマる方が多いようなので書いておきます。
画面遷移直前にprepareForSegueが呼ばれるので、その中で値を代入することで実現できます。

[bash highlight=”6″]
// 遷移元(OriginViewController.m)
– (void)prepareForSegue:(UIStoryboardSegue*)segue sender:(id)sender
{
if ([segue.identifier isEqualToString:@"nextView"]) {
NextViewController *viewController = segue.destinationViewController;
viewController.mode = YES;
}
}
[/bash]

遷移先には受け渡し用のプロパティを宣言しておきます。

[bash highlight=”7″]
// 遷移先(NextViewController.h)
@interface NextViewController : UIViewController
{
・・・
}

@property BOOL mode;

@end
[/bash]

他にも方法はありますが、ほとんどの場合この方法を採ることが多いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください