Xcode6で実機が認識されずにIneligible Devices (deployment target)になる場合の対処

By | 2014年9月23日
この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので十分ご注意ください。

上記のようにIneligible Devicesとなり実機が選択できなくなる現象ですが、カッコ内にdeployment targetとある場合は、実機のOSバージョンとTARGETSのターゲットOSバージョンが不適切なことが原因です。

 

[TARGETS]->[Build Settings]->[Deployment]->[iOS Deployment Targert]項目を実機のOSバージョンに対応したTARGETSのOSバージョンに設定すれば解決できます。

ちなみに、上記画像の例は、iOS Deployment TargertがiOS8のTARGETS(スキーム)で、iOS7.xを載せたiPhone5を選択しようとした場合です。

<補足>
Ineligible Devices (OS version)の場合は、以下を参照してください。
Xcode6で実機が認識されずにIneligible Devices (OS version)になる場合の対処


3 thoughts on “Xcode6で実機が認識されずにIneligible Devices (deployment target)になる場合の対処

  1. Pingback: [Xcode6][Swift][iOS]雑記 | た~みなるねんど

  2. STR

    ありがとうございました。おかげさまで解決できました。
    広告クリックしておきますね。w

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です