iOS8にてLaunchScreen.xibを使用せずに従来通りの起動画面(スプラッシュ)画像を使いたい場合の対処

By | 2014年9月29日
この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので十分ご注意ください。

Xcode6からはLaunch Screen File項目にてLaunchScreen.xibを選択しxibにてベクター画像を設定することで、スプラッシュ画像が各画面サイズに自動的に対応するようになりました。

とても便利なのですが、すぐにベクター画像が用意できない状況や画面サイズによって画像を使い分けたい場合など、なにか特別な事情がある場合はLaunchScreen.xibを使用せず従来通りに各画面サイズの画像を適用したいこともあるかと思います。

iOS7が載った端末で動かす場合Launch Images Sourceに各画像が設定されていればそちらが優先されますので特に何も考えなくても良いのですが、iOS8が載った端末だとデフォルトでLaunchScreen.xib(Main.storyboardが選択されていればそちら)を参照するようになっていますので、各画面サイズの画像が適用されません。

 

期待した動きにさせたい場合は、Launch Screen File欄を空にしましょう。これでiOS8でも従来通りの方法で起動画面を表示することができます。

※他の(正式な?)方法があるかもしれません、ご存知の方がいらっしゃったらご教示いただけると幸いです


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です