Xcode6で実機が認識されずにIneligible Devices (OS version)になる場合の対処

By | 2014年10月21日
この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので十分ご注意ください。

上記のようにIneligible Devicesとなり実機が選択できなくなる現象ですが、カッコ内にOS versionとあるときは、多くの場合、実機のOSバージョンをXcode(SDK)がサポートしていないことが原因です。

上記の例は、iOS8.0までサポートしていたXcode6.0.1に、iOS8.1を載せたiPhone6を接続していた場合でしたので、Xcodeを6.1にすることで解決しました。

<補足>
Ineligible Devices (deployment target)の場合は、以下を参照してください。
Xcode6で実機が認識されずにIneligible Devices (deployment target)になる場合の対処


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です