Provisioning Profile(プロビジョニングプロファイル)を生成する方法(配布用ProvisioningProfile編)

By | 2015年6月16日
この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので十分ご注意ください。

※このページは配布用ProvisioningProfile(プロビジョニングプロファイル)の生成手順です。開発用ProvisioningProfileの生成はこちら(https://makotton.com/2015/06/16/1011)をご覧ください
※開発準備、申請まわりの情報をお探しの方はiOSアプリの開発準備と申請の手順まとめを参照ください。

「App ID」「証明書」「実行許可端末」の紐付けを行うのが、ProvisioningProfileです。開発者用ProvisioningProfileと配布用ProvisioningProfileの生成手順が一部異なりますので、別々の記事として記述しておきます。なお、ここに記載しているのは2015/06/16現在の内容であり、Appleによる予告なしに変更される可能性がありますので、最新の情報と照らしあわせて作業を行ってください。ブラウザはSafariを使用してください。Submitボタン押下で反応しなかったり、レスポンスが返ってこなくなるパターンや、各種登録がうまくいかないケースがあります。

■前提条件

・MacOS X Ver 10.10.3(14D136)
・Apple Developer Program(旧 iOS Developer Program) 登録済み
・配布用証明書生成済み
・AppID生成済み

■手順

(1) ProvisioningProfileを生成する

Apple Developer Program のサイトにログインし、右上の MemberCenter を押下します。

次に Certificates, Identifiers & Profiles を押下します。

iOS AppsのProvisioning Profiles を選択します。

右上の[+]ボタンを押下し、新規にProvisioningProfileを作成します。

ここでは配布用のProvisioningProfileを生成しますので、Distribution の App Store を選択し、[Continue]ボタンを押下します。

紐付けたいAppIDを選択し、 [Continue]ボタンを押下します。
# 例ではAppIDのNameが「SwipeWrite」というものを選択しています

次に、紐付けたい配布用証明書を選択し、 [Continue]ボタンを押下します。

プロファイルの名前を入力し、[Generate]ボタンを押下します。

ProvisioningProfileが生成されたら[Download]ボタンを押下してProvisioningProfileをダウンロードし、その後[Done]ボタンを押下します。

(2) ProvisioningProfileをインストールする

ダウンロードしたProvisioningProfile(xxx.mobileprovision)をダブルクリックしてインストールします。

その後は、Xcodeのプロジェクトの設定画面にて証明書とProvisioningProfileの組み合わせが正しく設定できるようになっていればOKです。


<補足>
ダウンロードしたProvisioningProfileをインストールする際、iPhone構成ユーティリティがインストールされているMacの場合はiPhone構成ユーティリティが起動し、

このような確認画面が出ますので、[ライブラリに追加]ボタンを押下します。

うまく追加されたのがわかります。


 


One thought on “Provisioning Profile(プロビジョニングプロファイル)を生成する方法(配布用ProvisioningProfile編)

  1. Pingback: iOSアプリ 実機テストからアプリリリースまでの7つの手順 | Prainブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です