iOSデバイスからProvisioningProfile(プロビジョニングプロファイル)を削除する方法

By | 2015年6月17日
この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので十分ご注意ください。

有効期限切れのプロビジョニングプロファイルや作りなおして不要になったプロビジョニングプロファイルはゴミでしかないのでiOSデバイス上から削除したいものです。

削除する方法はいくつかあるのですが、削除後iTunesと同期すると復活したり、iPhone構成ユーティリティを使って削除しても消えなかったり、iPhone構成ユーティリティが落ちてまうなど決定打がありません。Library/の中のプロビジョニングプロファイルを直接削除する方法でもよいのですが、イレギュラーな方法ですし、あまり触りたくありません。

ここでは完全に削除かつ安全にできる方法を書き留めておきます。

■前提条件

・MacOS X Ver 10.10.3(14D136)
・Xcode Version 6.3.2 (6D2105)

■手順

(1) Xcodeを起動する

iOSデバイスをMacに接続し、Xcodeを起動します。起動後、Xcodeのメニューから[Window]->[Devices]を選択します。

左ペインの[DEVICES]から対象デバイスを選択します。

その上でcontrol+右クリックしてメニューを開き、[Show Provisioning Profiles…]を選択します。

ちなみに、iPhone構成ユーティリティで確認するとこのような状態になっています。

(2) プロビジョニングプロファイルを削除する

対象デバイスにインストールされているプロビジョニングプロファイルの一覧にて削除したいプロビジョニングプロファイルを選択した状態で[delete]キー押下もしくは[-]ボタンを押下して削除します。

削除したら[Done]ボタンを押下して終了です。


iPhone構成ユーティリティで再度確認すると無事消えているのがわかります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です